ジョニーデップの娘について カミングアウトとは?

米国の人気俳優のジョニーデップさんですが、
二人の子供がいます。娘と息子です。

ジョニーデップさんの娘さんはどんな子なのでしょうか?
あることをカミングアウトしていると言う話もあります。

気になる娘さんについて書いていきます。

ジョニーデップの娘さんはどんな人?



まずはジョニーデップさんの娘についてのプロフィールです。

w292c-e_1679987.jpg
*http://mdpr.jp/international/detail/1478830より引用*

名前    :リリー=ローズ・メロディ・ディップ
生年月日  :1999年5月27日
母親    :ヴァネッサ・パラディ
弟     :ジョン・クリストファー・ディップ三世

母親は歌手権女優のヴァネッサさんです。
ジョニーデップさんとヴァネッサさんは婚姻関係こそありませんでしたが、
1998年から長らくパートナー関係を結んでおりました。

おしどりカップルと称されるほど、仲良い二人の間で、
愛情を沢山受けて育ちました。

親が仲良しだと、子供の成長に対しても良い影響を与えると言いますよね。
二人が長らく仲むつまじかったようなので、
リリーローズさんはとても良い娘になったと思います。

パパのジョニーデップさんともとても仲良しなようですね。

リリーローズさんは母のヴァネッサさんに似て、
とても華奢で可愛らしいようです。

それもあって、ジョニーデップさんは溺愛だったようですね。

ただでさえ、父親にとって娘は可愛いと言いますので、
ここまで可愛らしいと、より溺愛してしまうのだと想像できますね!

きっと娘命です!

ジョニーデップさんは娘のリリーローズさん、そして息子のジャック君が生まれた事で、
人生が変わったと話しています。

「子供を持つ事で、こんなに深い愛を経験できるなんて予想だにしてなかったよ」
「子供たちが成長するのを見ていたいし、彼らに健康で、幸せでいて欲しい」
「愛する家族といるのが何よりも好きなんだ」

ジョニーデップさんの家族を大切にする姿勢が伝わる話ですね。

愛情をたっぷり受けて育ったリリーローズさんですが、
重い病気にかかった事もありました。

結果として、これが二人の絆をより強めたと言えると思います。


ジョニーデップさん父と娘の絆を強めた病気



リリーローズさんは200年、溶血性尿毒症候群という病気にかかります。
急性腎不全や、血小板減少症を特徴とする怖い病気です。

一時期は腎機能が低下して、
腎臓移植が必要とまで言われていました。
両親は気が気では無いと思います。

母のヴァネッサさんは、娘の回復を祈り続け、
ジョニーデップも仕事の合間を見つけては、
献身的にお見舞いに行きました。


そして祈りが通じてか、リリーローズさんも無事快方に向かいました!


ジョニーデップさんも
「家族が健康であることへの感謝」
を実感したそうです。

最後に、リリーローズさんが行なった、
カミングアウトについて書きたいと思います。


スポンサーリンク







娘リリーローズさんのカミングアウト



リリーローズさんはSelf Evident Projectにて、
自分が「セクシャル・フルイディティ」であることをカミングアウトしました。

好きなる性別が定まらない事です。
フルイディティ(フルイドfluid)の言葉の通り、
流動的で、どちらの性別を好きになるか分からないという事ですね。

このカミングアウトは、ジョニーデップさんの影響を受けていると思います。

ジョニーデップさんはヴァネッサさんと別れる際、
娘のリリーローズさんにも包み隠さず正直に告白したと言います。

自分の思いをストレートに伝えると言う点では、
とても父の影響を受けているのだと感じますね。

今回のアンバーさんとの離婚騒動に関しても、
娘として父を擁護するコメントをしています。

リリーローズさんは、父の事が大好きな、
とても素敵な娘さんだと思います。


関連記事
ジョニーデップさん、息子のジャック君について

ジョニーデップさん、主演映画最新作の気になる公開日は?

ジョニーデップさん、アンバーさんとの子供について

ジョニーデップの嫁さん

ジョニーデップの性格は