神戸花火大会2016日程と観覧場所を紹介

2016年も夏が近づいてきました。
夏と言えば何といっても花火大会です!
夏の風物詩ですね。

kobehanabi1.jpg
*http://liac.jp/asobiba/hanabi/minatokoubekaijouhanabitaikai.htmlより引用*

関西では大阪の淀川花火大会が有名ですが、
今回は神戸花火大会を紹介します。


神戸花火大会2016の日程



神戸花火大会の2016年日程について紹介します。

正式名称は「みなと神戸海上花火大会」です。
開催日程は
日時     : 2016年8月6日(日)
時間     : 19:30-20:30
来場人数   : 25万人
打ち上げ場所 : 神戸港(新港突堤沖海上)
打ち上げ数  : 10000発

神戸花火大会は、神戸の中でもとても人気のイベントです。

神戸は元々、夜景がきれいな街としてなじみがありますが、
そこに花火が加わることで、より一層美しい夜景が楽しめます。

打ち上げ場所は、神戸港になるので、
普段から綺麗な港の夜景との花火のコラボレーションが織りなす雰囲気は、
間違いなくきれいですね。

それでは、どこから花火をみるのが良いでしょうか?

つづいて、気になる観覧場所について紹介します。







神戸花火大会観覧場所について




観覧場所ですが、場所が神戸港になるので、
代表的な場所はハーバーランドになります。

しかしここは、メジャースポットである上に、
ビューポイントとしても良いので、非常に混み合う場所です。

例年人で溢れるため、ここから観覧する場合は、
場所取りが必須となります。

場所取りはシートを置くことが多いですが、
2014年から、シートを使っての場所取りが禁止になっています。

シートだけ置いて、人がいなかったりすると、
昨年、一昨年は剥がされてしまうようです。

人がいる場合は大丈夫なようですね。
*基本的には禁止です。


ただし、例年この場所は16:45分ごろから、
入場規制がかかってしまいます。

どうしても、ここで見たいという方は、注意が必要です。
昼の暑い時間帯から、場所取りをすることが必要ですね。




場所はこちらで、JR神戸駅から徒歩7分です。



また、メリケンパークもメジャースポットの一つです。
こちらも早い時間から混み合います。
メリケンパークの入場規制は18時から始まります。

メリケンパークからの観覧を希望される場合は、
それ以前の入場が必要です。




場所はJR元町駅から徒歩15分です。


混雑は避けたいよー、という人に穴場を紹介したいと思います。


ポーアイしおさい公園です。

場所はポートアイランドの西側にあります。
先ほどのポートアイランド、メリケンパークと言った会場に比べて、
若干空いています。

特に南側は例年比較的空いていることが多いです。

ちょっと場所をずらして、こちらで見てみるのも良いですね。



ポートライナー みなとじま駅から徒歩12分です。

2016年もこうべみなと海上花火大会を楽しみましょう!

以上神戸花火大会2016日程と観覧場所についてでした。