植物図鑑 映画主題歌はJUJUが…?気になる歌詞は?

映画「植物図鑑」はとても感動する作品だと話題ですね。

650.jpg

作品に欠かせないのが主題歌です。
ネットでは、JUJUさんというキーワードが出てきます。
JUJUさんが歌っているのでしょうか?

主題歌は映画にとって重要なエッセンスですので、
歌詞が作品にマッチしているかとても気になりますね。


「植物図鑑」主題歌はどんな歌詞なのか、
そしてJUJUさんが歌っているのか?
調べてみました。


映画植物図鑑の主題歌はJUJUさんが歌っているのか?




映画「植物図鑑」の主題歌は、JUJUさんが歌っているのでしょうか。

いえ、歌っているのは「Flower」というグループで、
JUJUさんではありません。

主題歌のタイトルは「やさしさで溢れるように」です。


Flowerは女性6人のダンスボーカルユニットで、
2010年より活動しています。
シングルもこの「やさしさで溢れるように」で、
12作目のリリースです。

他の作品でもオリコンランキングで度々上位を記録しています。


こちらが、「やさしさで溢れるように」の動画になります。



このPVには、映画の名シーンがあるので
映画を観た方であれば、シーン毎に思い出すでしょうね。
めっちゃ良いと思います。


実際主題歌を歌っているのはFlowerです。
それでは、どうしてJUJUさんの名前が出てくるのでしょうか

それは、この曲がJUJUさんのカバーであるためです。


「やさしさで溢れるように」はJUJUさんが、2009年にリリースしています。

JUJUさんは、とても歌唱力のある実力派女性シンガーですよね。


こちらはJUJUさんが歌っている動画です。




JUJUさんが歌うと、やっぱり上手いなあと思ってしまいますね。

彼女はルックスで売っているというよりは、
歌唱力が評価されて今のポジションを築いている印象があります。

やはり、歌手としてはJUJUさんが1枚も2枚も上手ですね。

それでは、どうして主題歌は「やさしさで溢れるように」になったのに、
Flowerさんがカバーする形になったのでしょうか。

歌詞も含めて考えてみました。


スポンサーリンク







植物図鑑の主題歌、歌詞と理由について



何故植物図鑑主題歌はカバー曲になったのでしょうか。

それは2つ理由があるともいます。


一つは歌詞です。

以下が「やさしさで溢れるように」の歌詞です。
ちょっとだけ読んでみていかがでしょうか。

歌詞flower.png
*http://www.uta-net.com/song/75505/より引用*

映画「植物図鑑」にマッチしている歌詞になっています!


あなたを包むすべてが やさしさで溢れるように


とかヤバいですね。


植物図鑑は、高畑充希さんと岩田剛典さんが主演の純愛映画ですので、
まさにピッタリなのです。

愛を語る歌詞がなんとも素敵ですね。

歌詞を読んで、シーンを思い出した人は
胸がキュンとなったでしょうね。


それでは、もう一つの理由です。

それは、JUJUさんがアーティストとして強い個性を持っているからです。

これはJUJUさんがアーティストとして一流であることを意味します。

JUJUさんの世界に染めてしまうのです。


しかし、逆にイメージが強すぎるので
「植物図鑑」という正統派純愛ストーリーとしては、
ちょっと合わない可能性が出てきます。

だた、歌詞はめっちゃ良いわけです。
映画そのものですね。


そのため、Flowerさんがカバーすることになったのだと思いますね。

Flowerさんの歌を改めて聴くと、
声も作品に合ってる気がするんですね。

映画主題歌ってとても重要ですからね。

ちなみにこのJUJUさんとFlowerのコラボが見たい、
なんて人はいませんか?
実はこんな感じで、コラボしたりもしています。





映画「植物図鑑」の主題歌は、JUJUさんのカバー曲でした。
Flowerが歌っています。

とってもいい曲ですね。




関連記事

→映画植物図鑑はいつまで公開するの?

→植物図鑑、映画で使用した衣装が見たい!

→植物図鑑、映画の感想と原作との違い