黒田博樹の次回登板はいつ?200勝達成は?

広島東洋カープの黒田博樹選手ですが、
本日の東京ヤクルトスワローズ戦に登板し199勝目を上げました。

日米通算200勝達成までついに王手です。



d29b97b3.gif
*http://blog.livedoor.jp/i6469/archives/43928105.htmlより引用*

気になるのは、王手がかかる次回登板ですね。

黒田博樹投手が200勝を達成するのはいつになるでしょうか。

次回登板を予想してみます。



黒田博樹投手の次回登板は?



今シーズンの黒田博樹投手は中6日でローテーションを組んでいます。

中6日ですので、順調にいけば次の登板は6日後の、7月6日(水)になります。
その日は中日ドラゴンズ戦です。

中日の主催試合なので、場所はナゴヤドーム・・・と思いきや、
なんと場所は金沢です。

そう、中日ドラゴンズ主催毎年恒例の北陸シリーズ真っただ中なのです。

このまま、スライドが無く、雨天中止もなく中6日での登板になった場合、
金沢で日米通算200勝達成の可能性が出てきました。



北陸の方々は燃えてきたのではないでしょうか。
200勝達成の瞬間をまじかで見るチャンスです。


そうなると、気になるのがドラゴンズの先発投手です。

こちらも中6日での登板となると、バルデス投手の先発が予想されます。

dra15032116130002-p3.jpg
*http://www.sanspo.com/baseball/photos/20150321/dra15032116130002-p3.htmlより引用*

バルデス選手は、中4日で投げることもありますが、
球数をそこそこ放ると、中6日で投げる傾向が高いです。

今季2勝2敗です。

防御率も3.38でそこそこの投手と言えます。
エース格ではないのでチャンスですね。

カープ打線がこのまま好調を保てれば、
黒田博樹投手の200勝は次回登板予定の金沢で決まってしまう可能性も高いと思います。

もし金沢で決まるのであれば、
この歴史的瞬間を見に行かなければなりません。

それでは、金沢の野球場はどこにあるのでしょうか?

石川県立野球場について紹介いたします。


center>スポンサーリンク



黒田博樹投手次回登板予定、金沢の試合について

7月6日(水)に行われる、
金沢での試合についての情報です。

中日ドラゴンズvs広島東洋カープ

開門:16:30 試合開始18:00
場所:石川県立野球場

地図はこちらです。



アクセスは金沢駅より北陸鉄道バスで約30分です。
当日は30分間隔で西部緑地公園(県立野球場)行きの臨時バスも出る予定です。

試合後は金沢行きの臨時バスがでます。

他県から来られるはバスがよいですね。


石川県立野球場は球場の収容人数が17,000人ととても小さな球場です。
なかなか年季の入った球場のようです。

スタジアムの両翼が91.5mと小さいため、
試合展開は乱打戦になることが多いそうです。

球場の収容人数が少ないので、
チケットをお求めの方は、早めに動いたほうが良いですね。

あとは天気次第でしょう。

黒田博樹投手の次回登板は金沢の石川県立野球場になるのでしょうか?
そして、日米通算200勝の達成はあるのでしょうか?

とても楽しみですね。