猛暑2016年の対策を紹介!

今年も暑い夏がやってきます。
2016年は記録的な猛暑になると言う話があります。

1.jpg

猛暑となると体調面が心配ですね。

どのような対策を行なっていくべきか、
紹介していきます。


そもそも何故2016年は猛暑なのか?



猛暑対策の前に、何故こんなに暑いのかその理由が気になりますね。

一つは「ラニーニャ現象」があります。
ラニーニャ現象が発生した年は、猛暑になるというデータがあります。

そのため、2016年の夏は気温が高いのです。


もう一つは地球温暖化です。
最近忘れがちなこのキーワードですが、
進行していると指摘する人もいます。

世界全体で、2015年に比べ2016年は1,1℃気温が高いという話があります。

もしこれが支配的だとすると、
今後は継続的に猛暑が続く事になるので、
温暖化要因でないことを祈ります。


スポンサーリンク






猛暑2016年の対策は?



過去最大になる可能性もある2016年の猛暑ですが、
どのような対策をとればよいのでしょうか。


2016年猛暑対策その1 こまめな水分補給




暑いと、汗をかくのでどうしても体内の水分が奪われます。
その時ミネラルも一緒に消費してしまいます。

これらがどうしても夏バテの原因となってしまいます。

猛暑の際は、想像以上に体内の水分を消費してしまいます。
そのため、こまめな水分補給がとても効果的になってきます。

水もよいですが、スポーツ飲料などミネラルを補給できるものが良いですね。

また、こまめに水分をとることは、夏バテの予防にもなります。

水分補給が大切だからと言って、
一度に大量の水分を取ったことのある方はいるでしょうか?
これは、体がだるくなる原因になります。

夏に強いスポーツ選手が心がけている事として、
水分はあくまで「こまめに」とることです。

これが夏バテ防止に効果的です。

また、熱中症の予防にもなります。
熱中症は本当に怖いので、水分を取ることは必須ですね。


2016年猛暑対策その2 睡眠をとる



続いて、睡眠をとることです。
猛暑になると、気温が高いため体力を奪われます。

併せて体の抵抗力も落ちてしまいます。

そのため、良質な睡眠をとることが、
猛暑を乗り切るためには欠かせなくなっています。

睡眠をとることで、体の抵抗力も高くなるので、
病気になりにくくなりますし、夏バテも軽減されます。

気温が高いとなかなか寝苦しいので、
寝入り時にエアコンをつけることも有効です。

つけたままで寝ると、
風邪を引くリスクや、身体がだるくなる人もいます。
自分の体調に合わせて、エアコンとは上手く付き合えればよいですね。


2016年猛暑対策その3 食事をとる



最後は食事をしっかり取ることです。

これも当たり前かもしれませんが、
栄養は食事から取りますので、疎かにはできません。

猛暑で夏バテしてしまうと、食欲が落ちるので、
おのずと食べる量が減ってしまいますね。

そうすると、さらに栄養も取れないと言う悪循環に陥ります。

栄養は食事から取るのが一番ですが、
サプリメントなどもうまく利用して、
栄養不足にならないように心がけたいですね。


これら三つはとても当たり前の事ですが、
猛暑の対策としては、とても重要な事です。

どんな事でも基本が大切と言う事ですね。


冒頭でも話をしましたが、2016年は過去最高の暑さになる可能性があります。

水分補給・睡眠・食事の三つの対策で、
猛暑を乗り切っていきましょう。