イチロー安打数は現在何本?

メジャー通算3000本安打まであと少しの
マイアミ・マーリンズのイチロー選手。

news_20151211183404-thumb-645xauto-78117.jpg

安打数は現在何本なのでしょうか。

ピート・ローズ氏の4256安打を超えたときは、
世界中がとても沸きましたね。

次の記録メジャー通算3000本安打まであとどれくらいなのか、
気になる安打数を知らべてみました。

イチロー現在の安打数



それでは、イチロー選手の現在の安打数は何本でしょうか。

2016年シーズン成績は7月8日現在
71試合に出場し、55安打を放っています。
打数は163なので、打率.337です。

これまでメジャーリーグ15年間で打った安打数は、
2935安打なので、メジャー通算安打は現在2990安打です。


残り10本で区切りの3000本安打の達成ですね。



イチローの今シーズン打率以外にも高い数字



イチロー選手は、今季好調だと言えます。

規定打席に達してこそいませんが、高い打率を誇っています。
(.337)

加えて特出すべきなのが、高い出塁率です。

2016年シーズンは7月8日現在.411と高い数字を誇っています。

イチロー選手のメジャー15年での平均出塁率は、.358です。

安打が多い選手ではありますが、
これまではフォアボールが少ないため、
あまり出塁率は高くありませんでした。


ところが今期はフォアボールで1塁に歩く姿が目立ちます。
現在21個の四死球です。


リードオフマンとしてはとても重要なポイントですね。

好調のイチロー選手を相手も警戒し、
歩かせるシーンが目立っているのかもしれません。

ちなみに、得点圏打率も4割を超えています。

チャンスに強いイチロー選手を相手が警戒し、
歩かされることが増えているのだと思います。

これらは結局ボールが良く見えている証拠だと思います。

ボールが見えるので、結果的に好成績につながるわけですね。


center>スポンサーリンク



イチロー選手の安打数は現在メジャー何位?

ところで、イチロー選手はメジャー通算2990本安打を放っていますが、
現在安打数ランキングでは何位なのでしょうか。

以下が、メジャーリーグの通算安打数ランキングです。


1位  4256本 ピート・ローズ
2位  4191本 タイ・カップ
3位  3771本 ハンク・アーロン
4位  3630本 スタン・ミュージアル
5位  3515本 トリス・スピーカー
6位  3465本 D・ジーター
7位  3430本 ホーナス・ワーグナー
8位  3319本 C・ヤストレムスキー
8位  3419本 ポール・モリタ―
10位 3314本 エディ・コリンズ
11位 3283本 ウィリー・メイズ
12位 3255本 エディ・マーレー
13位 3252本 ナップ・ラジョワ
14位 3184本 カル・リプケン
15位 3154本 ジョージ・ブレッド
16位 3152本 ポール・ウェイナー
17位 3142本 ロダン・ヨーント
18位 3141本 トニー・グウィン
19位 3111本 A・ロドリゲス
20位 3110本 D・ウィンフィールド
21位 3060本 クレイグ・ビジオ
22位 3055本 R・ヘンダーソン
23位 3053本 ロッド・カルー
24位 3023本 ルー・ブロック
25位 3020本 B・パルメイロ
26位 3011本 キャップ・アンソン
27位 3010本 ウェイド・ボッグズ
28位 3007本 アイ・ケイライン
29位 3000本 ロベルト・クランテ
30位 2990本 イチロー


日本では3000本安打というと、張本勲さんただ一人です。
メジャーリーグとなると、イチロー選手も入れて、
30人もの3000本安打達成者がいるのですね。

A・ロドリゲスやD・ジーターなど、
日本のファンにもおなじみの選手がランクインしていますね。

ここには書いていませんが、
あのホームラン王バリー・ボンズは通算2935安打で、
34位にランクインしています。


今年あとどれくらい安打数を増やすことができるか、分かりませんが、
通算24位までは少なくとも行くのではないでしょうか。

3023安打ですので、あと34本積み上げられれば追い抜けます。


錚々たるメンバーなので、
イチロー選手が少しでも上に行ったらとても嬉しいですよね。
日本人の誇りですね。


イチロー選手が3000本安打を達成し、
どんな会見をするのか楽しみです。


イチロー選手は50歳まで現役という目標があるので、
3000本安打はまだまだ通過点に過ぎませんよね。

そういった、壮大な目標を目指して頑張っているので、
まだまだ先は長いわけです。

これからもイチロー選手の活躍が楽しみです