青空エール映画公開!気になる前売り券情報!

人気少女漫画の「青空エール」実写化映画が決まりました。

公開日は2016年の8月20日です。

aozora-movie_thumb3.jpg
*https://www.toho.co.jp/movie/lineup/aozora-movie.htmlより引用*

原作のファンにとっては、とても楽しみですね。

気になる前売り券情報などについても紹介します。


青空エールについて



青空エールは河原和音さん原作の少女漫画で、
別冊マーガレットにて連載されていました。

2008年9月号~2015年11月号まで、
コミックは全19巻計76話あります。

人気の少女漫画です。

お話は、主人公である小野つばさが吹奏楽部と高校野球の名門校として名高い、
北海道札幌市立白翔(しらと)高校に入学します。

つばさは、いつかトランペットを吹いて、
甲子園のスタンドで野球部を応援するのが夢でした。

しかし、つばさはトランペットの初心者でした。

学校の吹奏楽部が超名門と言う事もあり、
くじけることも多いのですが、
同級生の野球部員山田大介に出会います。
中学時代からキャッチャーとして一目置かれていました。

くじけることも多い気弱な性格なつばさに対し、
大介は自分の夢を信じ、弱音を吐こうとしません。

大介は事あるごとにつばさを励まし続けます。

つばさは困難に負けそうになりながらも、
大介や友人の脇田陽万里の励ましもあり頑張り続けます。


そして、いつしか悶々と自分の大介への想いに気が付くのですが、
それが恋愛感情だと自覚します。

爽やかな青春ラブストーリー漫画です。


主人公のつばさは内気ながらも、
甲子園でトランペットを吹いて野球部を応援するという夢を叶えるため、
吹奏楽部に入門します。

つばさは初心者です。

普通の人なら「初心者だから競合吹奏楽部は無理だよね」となるところ、
挑戦するのがつばさの偉いところですね。

当然、初心者が名門吹奏楽部に入ると、
周りのレベルも高く、練習も厳しいので当然挫折します。

これはある種仕方がないですね。


そこに白馬の王子様が現れます。

野球部の同級生大介です。


大介は爽やかなスマイルで、つばさを励まし、
弱音をほとんどひた向きな姿勢も併せてつばさを応援します。


挫折しかけた時、スポーツマンの大介に励まされたら、
キュンとなってしまいますよね。

この大介は原作を見ると分かるのですが、
とても爽やかなんです。

しかも長身でスポーツ万能、勉強もできるので、
まさに白馬の王子様的な存在です。

少女漫画では、ちょっと悪いタイプか、この手の王子様タイプか、
どちらかがヒーローになることが多いですよね。

大介は厳しい練習に耐えながらも、
ほとんど弱音を吐きません。

そんな姿を見せられたら、頑張ってしまいますよね。


二人の夢を追い続ける爽やかな姿がとても見どころの作品です。

青空エール映画前売り券について



青空エール映画版は2016年8月20日に公開されます。

この8月20日前後は、
全国高等学校野球選手権(夏の甲子園)の終盤です。

夏の甲子園が最高潮に盛り上がっている時なので、
気分は高校野球モードです。

青空エールもとても楽しめると思います。

さて、気になる前売り券ですが、
6月25日(土)から全国の青空エール公開予定劇場で発売になっています。

パンフレットなどを販売している、
グッズショップでの購入が可能です。

映画「青空エール」での前売り券特典は、何でしょうか。

前売り券はこの特典の為に購入しますもんね。


それは、「青空エール」原作者の河原和音先生書き下ろしのイラスト付き、
「ふたりのエールお守り」です。

前売り券特典お守りのデザインはこんな感じです。

image5.jpg

表面は、オリジナルのかわいいイラストが入っています。

そして、裏面には主演の土屋太鳳さんと竹内涼真さんの直筆エール入りです。
熱いメッセージが入っています!

デザインが可愛いので、持ってるだけでテンションが上がりますね!

中学、高校の3年生であれば、
夏が終われば受験の足音が聞こえてきますので、
エールお守りのメッセージは励みになりますね。


但し、特別前売り券は数量限定で全国で2万個です。


発売開始から時間がたっていますが、
まだ、ゲットしていない人は、トライしてみてほしいですね。


最寄りの映画館に直接問い合わせてみましょう。


最後に映画青空エールの見どころ



青空エールは夢を追いかけるつばさと大介の二人による、
爽やかな青春ラブストーリーです。

原作漫画も見ているだけで、
青春っていいなって思えてきます。

やっぱり何かに打ち込むっていうのは、
とても素敵です。
特に高校時代はエネルギーがあるので、
とても良いですね。

二人とも性格が良いので、
応援したくなります。

作品にどんどん
引き込まれていきます。


この作品は、甲子園を題材としているので、
青空エールは「少女漫画はちょっと・・・」と言う男子にもおススメの作品です。


読んだら「めっちゃ面白いじゃん!」ってハマると思います。

もし、彼女に「青空エール見に行こうよ」
と言われたら、是非行ってみてください。


スポーツが関係しているので、すんなり入れますし、
何より少女漫画を読まないのは食わず嫌いだと思います。

少女漫画って実は男子でもかなり読めますからね。
名作であれば話が面白いです。

ワンピースが男女問わず支持されるのは、
やっぱり作品が良いからです。
ジャンプコミックスなので少年誌ですからね。

もし彼氏がグズっていたら、
野球が題材だよと教えてあげてください。

そして、実は少女漫画のファンに男子も多いことを伝えてあげて下さいね。

スポーツ題材は、敷居が下がると思いますよ。


この夏は、甲子園、青空エールで盛り上がっていきましょう!
青春真っただ中の人も、
これからの人も、過ぎ去っている人も、楽しんじゃいましょう!

つばさと大介のように!