イチロー選手の登場曲2016を紹介

マイアミマーリンズのイチロー選手ですが、
2016年は何という登場曲を使用しているのでしょうか。

news_20151211183404-thumb-645xauto-78117.jpg

日本でも、打者であれば打席に入る際登場曲が流れます。
選手が自分で決めるので、どのような選曲をしているのか、
とても注目です。

気になるイチロー選手の2016年登場曲について調べてみました。

イチロー2016年の登場曲



それでは、2016年イチロー選手は何という曲を、
登場曲にしているのでしょうか?

それは、Snoop Doggの「2001」と言う曲です。
Snoop Doggはヒップホップ界で天才ラッパーと称されます。



元々イチロー選手はヒップホップが好きなので、
この曲をチョイスしたのだと思います。

とてもカッコいいですね!

実は、もう一つ理由があり、
曲のタイトルが「2001」と言う点です。

2001年はイチロー選手のメジャー1年目のシーズンで、
新人王を初め、様々な賞を受賞したシーズンでもあります。

2001年のようにもう一度活躍するという、ゲン担ぎの意味も込められていると
考えられます。

この手のスポーツ選手は、勝負しでもあるので、
ルーティーンやゲンを大切にする人が多いですよね。

イチロー選手もルーティーンを大切にしているので、
今年にかける強い思いで、登場曲も選曲したのだと思います。

また、この登場曲名を聞いて、
驚いた人もいるかもしれません。

スポンサーリンク






イチローの登場曲って天城越えじゃないの?



イチロー選手は以前、石川さゆりさんの
「天城越え」を登場曲として使用していることで話題になりました。

その話があったので、てっきり2016年も
「天城越え」だったのかなと思いきや、どうやら違うようでした。

そもそも「天城越え」を使用していたのは、
2008年で、しかも一定期間です。

ずっと使用しているわけでは無いようなのです。

聞くところによると、
試合で使用している登場曲はどうやら気分で選んでいるそうです。

元ニューヨークヤンキースの松井秀喜選手も、
同じ傾向にあったようで、
こちらも登場曲は気分での選曲だったそうです。

それでは続いて、
天城越え以外のイチロー選手の登場曲を紹介していきたいと思います。

イチロー選手の過去の登場曲を紹介



それでは、他の曲も紹介していきます。

2015
Park Rock Anthem LMFAO

2012
Sexy and I know it LMFAO
Park Rock Anthem LMFAO (2015年と同じ)

2011
勝手にしやがれ 沢田堅二
S&M Rihanna

2010
Shut It Down Pit bull
Right Round  Flo Ride

2009
In The Ayer Feat.Will.I.Am  FLORIDA

2008
天城越え 石川さゆり
Royal Chocolate Flush MISIA

2007
止まらないHa~Ha 矢沢永吉

他にも勝訴ストリップ(椎名林檎)などがあります。
天城越えを採用していたのって、
実は2008年だけだったんですね。

長い期間登場曲が天城越えなんだと思っていました。


これをみると、とても選曲ジャンルの幅が広いのがわかります。

バリバリの洋楽ヒップホップを採用しているかと思えば、
沢田研二さんの曲を使っていたなど バラエティに富んでいます。

栄ちゃんの「止まらないHa~Ha」なんかも採用していて、
イチロー選手のユニークさがこの登場曲からも見て取れますね。

一年間で2回変えている年もあります。

一ついえるのは、
イチロー選手がその年の気分でいろいろな曲を採用している事です。

そこらへんはさすがレジェンドイチロー選手。
選曲もレジェンドでした。

2016年シーズンに戻ると、「2001」を採用した影響か(?)、
ここ近年にはないとても好調な成績を納めています。

このまま、メジャー通産3000本安打に向けて突っ走って欲しいですね。

ここにきてなかなかスタメンでの出場機会も少なくなっていますが、
少ないチャンスをものにして欲しいです。


以上イチロー選手の登場曲2016についてでした。