八戸学院光星 桜井一樹 出身中学と球速を紹介!

2016年夏の甲子園青森代表は、
八戸学院光星高校です。

エースである桜井一樹投手の
出身中学と球速について紹介します。
八戸学院光星は2年ぶり8度目の夏出場です。

AS20150924003553_comm.jpg
*http://www.asahi.com/koshien/articles/ASH9S2Q7GH9SUBNB001.htmlより引用*

■目次
・八戸学院光星 桜井一樹の出身中学は?
・八戸学院光星 桜井一樹の本塁打数は?
・八戸学院光星 桜井一樹ここに注目
・投球動画

八戸学院光星 桜井一樹の出身中学は?



プロフィールを紹介します。
群馬県高崎市出身
身長171cm体重73kg
右投げ右打ち 3年生
出身中学 群馬県高崎市立八幡中学校

群馬県高崎市は、
群馬県の中核都市で人口が約37万人います。

市町村合併により、
現在前橋市を抜いて群馬県下で
最も人口が多い街になっています。

地元の八幡中学校入学後は、
高崎ボーイズでプレーします。

卒業後、県下の高校に進学か?
他県に留学するのか?
桜井一樹選手は悩みましたが、
「北條選手への憧れ」
が決定打となり、
八戸学院光星の門をくぐりました。

同校は桜井選手の他、
ベンチメンバー18名のうち、
17名の出身中学が青森県外となっています。

大阪府出身が7名、東京都出身が5名
と大半を占めていますね。

地元青森出身の選手は、
安藤譲二選手のみで、白銀中学校の出身です。


八戸学院光星 櫻井一樹の球速は?



桜井一樹選手は、高校2年の夏まで、
投手と野手の二刀流でプレーしていました。

その後、手薄な投手陣の底上げのため、
投手に専念する事を決意します。

その後秋の新チーム以降はエースとなりました。

以前はメンタル面に少し問題がありましたが、
チームのエースと言う自覚を持つ事で、
大きく成長しました。

ストレートの球速は
MAXで139キロです。

他都道府県の代表校と比べると、
少しだけ物足りない数字ですね。

しかし、ピッチングは球速だけではありません。
次は、桜井選手の持ち味を紹介していきます。


八戸学院光星 桜井一樹ここに注目



球速はMAX139キロと、
全国レベルとしては、物足りなさがありますが、
変化球が桜井選手の持ち味です。

計6種の変化球を扱います。

中でも2種類のスライダーは絶品で、
これを決め球に打たせてとる野球が持ち味です。

球速MAX139キロのストレートに、
キレのよい120キロ台のスライダーのコンビネーションが
得意のパターンです。

この他に、ハートの強さが桜井選手の特徴だと言えます。

171cm73kgと小柄ながらも
相手を見下ろす、向かっていく投球スタイルは、
仲井監督からも
ヤンキー投法
と命名されています。


相手に向かっていく姿勢は、
エースとして必須な条件です。

甲子園のマウンドで仁王立ちする、
桜井選手の姿が目に浮かびますね。

2016年の地方予選青森大会では、
前半こそ不調に苦しみましたが、

大会決勝の大湊高校戦では、
完封勝利を成し遂げています。

ヤンキー投法が復活し、
甲子園での活躍も楽しみですね。



投球動画




桜井一樹投手の投球動画です。
仁王立ちする姿をご覧ください。
アウトコース主体の配球ですね。

ピッチャーは球速だけではなく、
低目へのコントロールが重要です。

甲子園の舞台でスライダーが炸裂するかどうか、
ヤンキー投法の桜井一樹選手は
とても楽しみですね。

以上八戸学院光星 桜井一樹選手の
出身中学と球速についてでした。