中京高校 今井順之助 出身中学と本塁打数を紹介!

2016夏の甲子園、岐阜県代表は
中京高校です。

チームの主砲を務める今井順之助選手の
出身中学と本塁打数を紹介します。

プロ注目のスラッガー今井選手とは、
どのような選手なのでしょうか。

imai photo01.jpg

■目次
中京高校 今井順之助の出身中学は?
中京高校 今井順之助市の本塁打数は?
中京高校 今井順之助市ここに注目
バッティング動画


中京高校 今井順之助の出身中学は?



岐阜県多治見市出身
プロフィールを紹介します。
身長177㎝体重88㎏
右投げ左打ち

出身中学:岐阜県多治見市立陶都中学校

出身の多治見市は、
岐阜県南部に位置する、人口約10万人の都市です。
愛知県のベッドタウンとして知られています。

盆地なのでとても暑く、
平均気温の平年値が最も高い都市です。


今井選手は精華小学校3年生から野球を始めます。
13クラブというチームで軟式野球です。

小学校6年生の時は、
ドラゴンズJrチーム入りも経験しています。

その後、陶都中学校に進学後は、
シニアチームの岐阜東濃シニアに所属し、
硬式野球をプレーします。

中京高校ベンチ入りメンバー18人の
出身中学ですが、
地元岐阜県の中学出身は4名となっています。


私学の強豪校なので、
全国から選手を集めています。
主に近隣の愛知県、静岡県が多いです。

岐阜県出身は確かに少ないのですが、
主砲の今井選手、5番を務める吉位翔伍選手、
打線の中軸二人が岐阜県出身です。


また、今井選手の父は、
元中日ドラゴンズの今井茂さんです。



スポンサーリンク






中京高校 今井順之助の本塁打数は?



中京高校へ入学後は、
1年時から四番にすわります。

公立高校ではなく、
私学の強豪校なので、
優秀な先輩はたくさんいます。

それにも関わらず、
四番に座ると言う事は、
相当なセンスがあると言う事ですね。

中でもパンチ力が凄まじく、
高校通算本塁打数は、2016年夏の甲子園前の時点で、
68本塁打を誇ります。

60本塁打越えはかなりの本数ですね。

これには、生まれ持ったボールを飛ばす才能は、
勿論あるのですが、
中京高校の猛練習が
今井順之助選手を成長させました。

冬は素振り1日2千本
筋力トレーニングは4時間に及びました。
寮では朝、夜1キロずつのコメをノルマに食べます。


これは、パワーがつきますね。

筋肉を徹底的に壊して、
食事で栄養補給しているので、
筋力がどんどん増えます。

中京高校は全体的に長打力が高いのです。

その筆頭が、
高校通算68本塁打の今井選手です。


中京高校 今井順之助ここに注目




今井選手のすごいところは、
長打を広角に打てることです。

右方向だけでなく、
反対の左方向にも本塁打することができます。

ここが今井選手本塁打量産の理由です。

本塁打を量産する選手は、
引っ張るだけではなく、
逆方向に打つことができますね。

岐阜県大会では、
警戒されすぎて、
まともに勝負してもらえませんでした。
6試合で13四死球と言う驚きの結果です。

それが原因になったのか、
打率は.154と低迷しました。

甲子園では、勝負されることも多いと思うので、
是非復活した打棒を見せてほしいですね!


バッティング動画





インサイドをライトに持っていきます。
滞空時間の長いホームランです!

まさにスラッガーの打球です。

本大会1,2を争い長打力は、
本番でも火を噴くのでしょうか!?

ポイントは勝負してくるかどうかですね。
そのためにも5番の吉位選手がカギになってきます。

とても注目したいです。

以上、中京高校今井順之助選手の
出身中学と本塁打数についてでした。