北陸高校 水野隼斗 出身中学と球速を紹介!

2016年夏の甲子園
福井県の代表は北陸です。

ここではエース水野隼斗選手の、
出身中学と球速を中心に、
チームについても紹介していきます。

北陸高校24年ぶり3回目の
夏の甲子園出場です。

PK2016072502100187_size0.jpg
*http://apapnews.com/famousmember/2016teammember/1329/より引用*

■目次
・北陸高校 水野隼斗の出身中学は?
・北陸高校 水野隼斗の球速は?
・投球動画
・北陸高校 ここに注目

北陸高校 水野隼斗の出身中学は?



水野隼斗選手のプロフィールを紹介します。

福井県福井市出身
身長179㎝ 体重65㎏
左投げ左打ち
出身中学 福井市立川西中学校

出身の福井市は、
福井県の県庁所在地で人口約26万人の街です。

駅前には織田信長の家臣、
柴田勝家の居城「北ノ庄城」の城跡があります。

最近は恐竜で町おこし、
越前そば、ソースカツ丼が有名です。


ソースかつ丼です。

水野投手は、小学校卒業後、
福井市立川西中学校へ入学します。
そこで軟式野球部に入部します。

硬式野球の経験は北陸高校に入学してからですね。

北陸高校夏の甲子園ベンチメンバー18人の
出身中学ですが、福井県の出身者は、
12名となっています。


2/3が地元福井の出身なので、
比較的多いと思います。

他の6名は大阪、京都などの関西が出身の
野球留学生です。

スポンサーリンク





北陸高校 水野隼斗の球速は?



エースの水野隼斗選手ですが、
身長179㎝ですが、体重が65kgしかなく、
細身の体形をしています。

一見ヒョロっとしたように見えるので、
ボールが行くのか心配になります。

しかし、放たれるストレートは、
伸びとキレがあります。

身長があるので、
角度のあるボールを投げれるのも強みですね。


球速はMAX135キロです。


ワインドアップからの
ゆったりとしたフォームです。

この球速MAX135キロのストレートを軸に、
カーブとスライダーを織り交ぜ、
投球を組み立てるのが、
水野選手の得意パターンになっています。

福井県大会(夏の甲子園地方予選)では、
32イニングに登板し、
14奪三振という成績を収めました。


投球動画






上記が水野選手の投球動画です。

長身から投げ下ろすストレートは、
角度がありますね。

球速(MAX135キロ)以上に速く感じました。


北陸高校 ここに注目



北陸高校は、24年ぶりの夏出場となりました。

近年福井県勢は、敦賀気比高校の躍進もあり、
レベルがとても上がっています。

他にも、春夏通算39度の甲子園出場
福井商業高校。

2016年の選抜甲子園に出場した、
福井工大福井など、
実力校が揃っています。

その福井県大会を勝ち上がってきました。

とても勢いのあるチームだと思います。

投手陣は、水野選手の他、
技巧派の本多投手がいます。

この二人で投げぬいてきました。

守備も安定しており、
福井県大会での失策はわずか4でした。
堅い守りが、ピッチャーを盛り立てます。


打線でのポイントゲッターは、
三番で主将の三ツ矢将大選手。

打率は.261ながらも、
3本の長打を放ち勝利に貢献しました。

五番の内藤翔太選手は、
打率.500を残しています。

とはいえ、チーム打率(福井県大会)は
.289と高い方ではありません。

そのため、バントや盗塁など、
小技を絡めることもで、
得点を上げてきました。


福井県の代表として、
どのような野球をするのかとても楽しみです。

福井大会のように、
先制点を取って流れを作ることができれば、
勝機は見えてくると思います。

その為にも、エース水野投手の投球は重要ですね。


以上、福井県代表 北陸高校 水野隼斗選手の
出身中学と球速についてでした!