大曲工 鈴木理公 出身中学と球速を紹介!

2016年夏の甲子園
秋田県代表は大曲工です。

ここではエースである鈴木理公選手の、
出身中学と球速を中心に、
チームについても紹介していきます。

大曲工は、夏の甲子園嬉しい初出場です。

8oo.jpg
*http://mainichi.jp/koshien/articles/20160726/ddl/k05/050/179000cより引用*

■目次
・大曲工 鈴木理公の出身中学は?
・大曲工 鈴木理公の球速は?
・大曲工 ここに注目

大曲工 鈴木理公の出身中学は?



プロフィールを紹介します。

出身 秋田県大仙市
身長180㎝ 体重80㎏
右投げ左打ち
出身中学 大仙市立西仙北中学校

出身の大仙市は、秋田県中部に位置する人口約8万人の街です。
全国花火競技大会が
開催されることで有名です。

大曲工はこの大仙市にあります。


鈴木理公選手は、出身の西仙北中学校では、
軟式野球部に所属します。

特に、クラブチームへの所属はありませんでした。
高校進学ののち、硬式野球を始めます。

大曲工の夏の甲子園ベンチメンバー18人のうち、
18人とも出身中学は地元秋田県です。

公立高校なので、全員が地元の出身者ですね。

地元のチームと言えると思います。

スポンサーリンク






大曲工 鈴木理公の球速は?



鈴木理公選手は2年生秋の新チームから、
大曲工のエースとしてマウンドに登ります。

武器は球速135キロの重いストレートです。

身長180㎝体重80kgという、
高校生としてはとても恵まれた体形をしています。

大きな身体から、球速以上に重いボールを投じることが可能です。

変化球はスライダー、カーブを得意とし、
ストレートとのコンビネーションで三振を奪います。

夏の甲子園予選、秋田県大会では、
17イニングに登板し、2失点という好投でした。

しかし、12個の四死球を出しており、
コントロールに若干の不安が残ります。

しかし裏を返せば、
ランナーを出しても粘りのピッチングで、
失点を与えないメンタルの強さを持ち合わせてます。

秋田県大会決勝の角館高校戦でも
阿部大樹監督は
「最後は鈴木で行こうと思った」
と言わしめたマウンド度胸を持っています。

いいものは持っているので、
ストライクが入るかとても注目です。


大曲工 ここに注目



2016年の大曲工は
昨年春の選抜甲子園に出場した時のような、
強力打線はありません。

当時は地元大仙市の花火競技大会にちなんで
「花火打線」という重量打線を持っていました。

しかし、今期のチーム打率は.197と、
夏の甲子園出場校の中で、
最低のクラスになります。

しかし、低いチーム打率をカバーすべく、
チーム全体の「粘り」で勝ち上がってきました。

チーム全体で失策は6と少なく、
堅実な守りがあります。

加えて、鈴木理公選手を筆頭に、
球速143キロ右腕の2年生藤井黎来選手、
変化球が売りである佐々木優斗選手の3人の投手がいます。


ライバル関係でもあるというこの3人が、
継投することで、相手打線を抑えてきました。

守りの野球で、夏の甲子園初勝利を狙います。


打のキーマンは四番打者の佐藤泰輝選手です。
花火が期待されますね。


以上、秋田県代表 大曲工鈴木理公選手の
出身中学と球速についてでした。