松山聖陵 アドゥワ誠 出身中学と球速を紹介!

2016年夏の甲子園
愛媛県代表は松山聖陵高校です。

ここではエースであるアドゥワ誠選手の、
出身中学と球速を中心に、
チームについても紹介していきます。


松山聖陵高校は、春夏通じての
嬉しい甲子園初出場です。

アドゥワd_09298200.jpg
*http://www.daily.co.jp/baseball/2016/07/19/0009298199.shtmlより引用*

■目次
・松山聖陵 アドゥワ誠の出身中学は?
・松山聖陵 アドゥワ誠の球速は?
・アドゥワ誠 投球動画
・松山聖陵 ここに注目


松山聖陵 アドゥワ誠の出身中学は?



プロフィールを紹介します。

出身 熊本県熊本市出身
身長196㎝ 体重86kg
右投げ右打ち
出身中学 熊本市出水泉中学校

出身の熊本市は、熊本県の県庁所在地で
人口約74万人の都市です。

くまモンや熊本城など、
観光地としてもとても有名ですね。

今年は熊本の大地震で大変な被害に合いましたので、
我々も熊本に旅行して、
街を元気にしたいですね。


アドゥワ誠選手は、小学1年生から、
熊本中央リトルで野球を始めます。

地元の出水中学校に入学後、
熊本中央リトルシニアに所属、
硬式野球を始めます。

お父さんはナイジェリア人のアントニーさんで、
お母さんが元実業団バレー(ダイエー)
でプレーしていた酒本純子さんです。


松山聖陵高校は、夏の甲子園ベンチメンバー18人のうち、
10人の出身中学が愛媛県の出身中学です。

アドゥワ選手を含む8人が、
県外の出身中学です。

私学の強豪校らしく、
全国から選手を集めていますね。


スポンサーリンク






松山聖陵 アドゥワ誠の球速は?



アドゥワ誠選手は、松山聖陵入学後、
1年秋からベンチ入りします。

2年生の秋大会からはエースとして活躍します。

2年生時はストレートの球速は141キロでした。

3年生になると春に4試合(4完投1完封)
32回4失点、防御率0.84で県準優勝を達成します。

ストレートの球速は四国大会で計測した、
最速145キロです。

伸びのある145キロのストレートを軸に、
カーブ、スライダー、チェンジアップを放ります。

196㎝から繰り出されるストレートには、
角度があり、打者にとってはスピードと合わせて、
とても打ちにくく感じます。

カーブも落差があり、緩急をつける投球も持ち味です。


アドゥワ選手は、松山聖陵入学後にとても成長しました。

入部当初はとてもヒョロヒョロしていた印象でしたが、
監督と二人三脚で体つくりをし、
現在は体重も86kgあります。

そのトレーニングの甲斐もあって、
強力なストレートを、
投げれるようになったわけですね。

将来は球速150キロを出す、
ポテンシャルがあると言われています。


アドゥワ誠 投球動画





投球動画です。
長身から繰り出されるストレートに
とても角度があるのが分かります。


松山聖陵 ここに注目



エースのアドゥワ誠選手を中心に
ディフェンスが強いチームです。

外野を守る大村選手、川端選手は俊足で
守備範囲が広いので、
甲子園でも大変心強いと言えます。

打っても、リードオフマンの大村選手は、
打率.409盗塁も6と大変好調です。

クリーンアップも強力で、
四番の稲葉選手が2本塁打、9打点と、
勝負強い打撃をしています。

三番の川端選手も打率.400と好調です。

チームでも本塁打が6本、二塁打は10本あるので、
長打も打てる打線であると言えます。

大きいのが打てると言う事は、
相手投手からすると、
大変脅威だと言えますね。

松山聖陵は投打が噛み合うと、
強豪校も脅かすチームであると思います。

まずはアドゥワ誠選手が
良いピッチングをすることを期待します。


以上愛媛代表松山聖陵高校 アドゥワ誠選手の
出身中学と球速についてでした。


・関連記事

徳島代表 鳴門高校 河野竜生 出身中学と球速を紹介!