境高校 隠家直人 出身中学と球速を紹介!

2016年夏の甲子園
鳥取県代表は境高校です。

ここではエースである隠家直人選手の、
出身中学と球速を中心に、
チームについても紹介していきます。

境高校は、9年ぶり8回目の
夏の甲子園初出場です。

鳥取古参の高校が
久しぶりに夏へ出場です。

001 tottoriAS20140928002352_commL.jpg
*http://www.asahi.com/koshien/articles/ASG9X420XG9XPUUB007.htmlより引用*

■目次
・境高校 隠家直人の出身中学は?
・境高校 隠家直人の球速は?
・隠家直人 投球動画
・境高校 ここに注目

境高校 隠家直人の出身中学は?



プロフィールを紹介します。

名前 隠家直人(おか・なおと)
鳥取県米子市出身
身長174㎝ 体重68㎏
右投げ右打ち
出身中学 米子立弓ヶ浜中学校

「隠家」と書いて、「おか」と読みます。
私も始め読めませんでした。
難しい読み方ですね。

米子市は鳥取県西部に位置する、
人口約15万人の街です。

松葉ガニが有名で、
元プロ野球選手で通算350勝の
米田哲也さん、
K-1の武尊(たける)選手が、
米子市の出身です。

米田さんに至っては、
境高校のOBです。

野球殿堂入りもしているので、
とても偉大な選手が先輩にいることになりますね。


隠家直人選手は、地元米子市の弓ヶ浜中学校に入学後、
軟式野球部に所属します。

特にクラブチームで、
硬式野球をプレーするという事はしませんでした。


境高校の甲子園ベンチメンバー18人のうち、
18人全員の出身中学が鳥取県となっています。

やはり公立校と言う事で、
選手はすべて地元の出身ですね。

全員が地元出身者という、
高校野球らしい地元のチームだと言えますね。



スポンサーリンク






境高校 隠家直人の球速は?



隠家直人投手は、2年生秋の新チームから、
境高校のエースとしてプレーしています。

ストレートの球速は、MAX130キロ前半前後と、
速くありませんが、
インサイドを突く投球が持ち味です。

プロ野球でも「インサイドは投手の聖域」という言葉があるほど、
インサイドを突くことは重要です。

楽天・ヤクルトで監督を務めた、
野村克也さんは、力のない投手こそ、
インサイドを攻める事の重要性を説きます。

インサイドを攻めることで、
アウトサイドの変化球も効果的になってきます。

この、内外の出し入れこそ、
隠家投手の特徴です。

まさに弱者の戦法と言えます。


また、無尽蔵のスタミナも大きな武器です。
通常ピッチャーはある程度の球数を放ると、
ストレートの球速や、球威が落ちます。

その点隠家選手は、試合終盤になっても、
球速・球威共に落ちません。

そのスタミナこそが、
チーム鳥取大会を勝ち抜いた要因でもありました。

隠家選手は、
4試合に登板し、29イニングで、
19失点と防御率も低くありません。

奪三振も8と少ないです。

正直苦戦することが、
予想されますね。

右のサイドスローから放る、
インサイドへのストレートで、
打者を強気に攻めてほしいと思います!



境高校 ここに注目



鳥取県勢はここ数年、
初戦敗退が続くなど、とても苦しんできました。

そんな中で、古豪の境高校の復活は明るいニューズだと思います。

2016年のチームは、
4試合で40得点をたたき出した、
強力打線が売りです。

三番の勝部浩平選手は、
鳥取県大会で打率.556 3本塁打 10打点という、
素晴らしい成績を残しています。

鳥取大会決勝戦での先制本塁打など、
ここ一番での一打が印象的な選手です。

右方向にも打てるので、
広角に打てることが、
ハイアベレージの要因だと思います。

チーム打率も.347ととても高く、
甲子園本番でも打線の爆発が期待されます。

また、守備も固く、
高塚孔大選手、上地一歩選手の2遊間、
中堅手の松原大地選手の
センターラインはとても堅い守りを見せています。

後は、エースの隠家選手が、
ゲームを作れるかですね。

バックの堅い守りもあるので、
是非奮起を期待したいところです。


以上、鳥取県代表尽誠学園 隠家直人選手の
出身中学と球速についてでした。

インサイドを攻める投球に期待しましょう!

●関連記事

広島県代表 広島新庄 堀瑞樹選手の出身中学と球速について紹介!

岡山県代表 創志学園 高田萌生選手の出身中学と球速について紹介!