履正社 井町大生 出身中学を紹介!

2016年夏の甲子園
大阪代表は履正社高校です。

ここでは扇の要である井町大生選手の、
身長や球速、出身中学を紹介していきます。
また、履正社の見どころを
案内したいと思いますね。

履正社高校は、
6年ぶり3度目の夏の甲子園出場です。

001imachi 20160808-00000565-sanspo-000-1-view.jpg
*http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160808-00000565-sanspo-baseより引用*



■目次
・履正社 井町大生の出身中学は?
・履正社 井町大生の特徴は?
・履正社 井町大生動画

履正社 井町大生の出身中学は?



プロフィールの紹介です。

名前 井町大生(いまち・だい)
兵庫県神戸市出身
身長170㎝体重70㎏
右投げ右打ち
出身中学:神戸市立御影中学校

出身は兵庫県神戸市です。
人口約150万人という、
日本で6番目に大きい市です。

スポーツ選手では、
サッカーの香川真司選手が神戸市の出身です。

神戸市の御影中学校に入学後、
同校の軟式野球部には所属せず、
「大阪東淀川ボーイズ」で、
硬式野球を始めます。

大阪ではボーイズリーグのチームとして
名門ですが、
神戸から練習に毎日通うのは、
とても大変だったと思います。

因みにこの大阪東淀川ボーイズは、
淀川の河川敷に専用グラウンドも
用意しており、環境も整っています。

井町選手が中学二年生だった、2012年には、
第43回日本少年野球全国大会で、
優勝を成し遂げています。


他のメンバーについても紹介すると、

履正社高校の夏の甲子園ベンチメンバー18人のうち、
13人は大阪府の出身中学です。

大阪府の強豪校らしく、
地元の選手が揃っていますね。




スポンサーリンク






履正社 井町大生の特徴は?



井町大生選手は、
身長170㎝ 体重70㎏ととても小柄なのですが、
強豪履正社高校の五番打者を任されています。

現埼玉西武ライオンズの森友哉選手が、
170㎝ながら、大阪桐蔭強打の捕手として、
活躍していたので、その雄姿がオーバーラップされます。

森選手は左打者でしたので、
右の森選手といったところですね。

大阪府大会(夏の甲子園予選)では、
8試合に出場し、打率.440 2本塁打 9打点と、
クリーンナップにふさわしい活躍をしています。

身体は小さいですが、パンチ力はとてもあります。



また、打力だけでなく、
捕手としての能力にも注目です。

とにかくいつもニコニコしていて、
チームのムードメーカーです。

ブルペンではいつも声を出していて、
日本一うるさい捕手とも言われましたw

勿論これは褒め言葉で、
このキャラクターで
投手を乗せてしまうんですね。

履正社高校はエースの寺島成輝投手がいますが、
彼には「無邪気に笑って」
と声をかけているそうです。

寺島投手の防止には
「無邪気に!大生」とのメッセージが書いてます。

仏頂面で、気迫のマウンドの寺島投手ですので、
井町選手としては、笑って楽しく投げて欲しい
のだそうですね。

愛情がたっぷりこもっています!

普段からのコメントでも
「良いピッチャーと組めて楽しい。
リードで強気の投球を引き出したい」

と語っており、いかに投手の良さを引き出そうかと、
常々考えている選手です。

マウンド上で履正社の投手が笑顔を見せていたら、
それは井町選手が作ったと言う事です。

肩の力を抜かせて、
投手の力を最大限に発揮させる、
これこそ井町大生選手最大の持ち味です。


履正社 井町大生動画





智弁学園のエース村上頌樹選手との対決です。

打ち取られますが、バットを立てた構えからの、
鋭いスイングは強烈です。

あわやホームランの大飛球をかっ飛ばします。


攻守併せて、井町大生選手は
履正社高校のキーマンだと思います。

活躍がとても楽しみですね!