木更津総合 武田大慶 出身中学と球速を紹介!

2016年夏の甲子園千葉県代表校は、
木更津総合高校です。

ここではチームの2番手投手である
武田大慶選手の、
出身中学や球速を紹介していきます。


木更津総合高校は、3年ぶり5回目の
夏の甲子園出場、
2016年は春夏連続の甲子園出場です。


001 takeda d_08539458.jpg
*http://www.daily.co.jp/baseball/2015/11/05/0008539457.shtmlより引用*



■目次
・木更津総合 武田大慶の出身中学は?
・木更津総合 武田大慶の球速は?
・木更津総合 武田大慶の投球動画
・木更津総合ここに注目


木更津総合 武田大慶の出身中学は?



プロフィールの紹介です。

名前:武田大慶(たけだ・ひろよし)
生年月日:1998年12月24日
出身:埼玉県草加市

身長177㎝ 体重75㎏
左投げ左打ち
出身中学:草加市立新栄中学校

憧れの選手:松井裕樹



出身の草加市は
埼玉県南東部に位置する、
人口約25万人の都市です。

埼玉県では、
6番目に人口の多い街になります。

草加せんべいは有名ですね。

元千葉ロッテの小林宏之さん、
TOKIOの山口達也さんは
草加市の出身です。



武田選手は、地元の新栄中学校に進学後、
越谷ボーイズに所属します。
そこで硬式野球をスタートしました。

元々甲子園に夢を持っていた
野球少年だったと言えます。

憧れの選手は、同じ左投手である、
東北楽天の松井裕樹選手です。

体格もなんとなく似ているので、
目標としてるのだと思います。


木更津総合高校は
夏の甲子園ベンチメンバー18人のうち、

12名が千葉県下の出身中学です。

残り武田選手を含む6名が、
県外の中学出身になります。

近隣の東京・埼玉などから
集まってきています。

木更津総合自体は、
千葉県の強豪校なので、
主に千葉県の選手が集まるようですね。


スポンサーリンク





木更津総合 武田大慶の球速は?



木更津総合高校には、早川隆久選手という
絶対的エースがいます。

背番号1は、2015年秋から早川選手がつけていました。

プロ注目の選手と言う事もあり、
世間では木更津総合の投手と言うと、
早川選手の名前が上がります。

一方チーム内では、
武田大慶選手の成長への期待
がとても強かったです。

木更津総合は全国でも強豪の部類に入るため、
甲子園でも優勝候補と数えられます。

しかし、甲子園は終盤になればなるほど、
過密日程になるため、
二番手投手は必要不可欠です。

そのため、武田選手が成長し、
早川選手との2枚看板になることへの、
期待が強かったのです。


球速MAX142キロの早川選手に対し、
武田投手の球速は130キロ中盤です。

武田投手の持ち味は、
強気の投球です。

キレのよいストレートを
相手のに強気で攻めます。

そのうえで、スライダーで
打ち取るのが得意なパターンです。

千葉県大会(夏の甲子園予選)では、
1試合の登板ながらも、
7回1/3を投げ、失点0 7奪三振の
好投を見せました。

チーム事情でエース早川選手の
登板が多いですが、実力は1級品です。

性格的に強気で、
メンタルが強いのも
ピッチャーとしていい条件だと思います。

球速だけではない、
力のこもった投球に注目です。


木更津総合 武田大慶の投球動画





武田大慶選手投球動画です。

ワインドアップから、
一瞬沈み込むフォームが
カッコいいと思います。

個人的にはとても好きです!

元広島カープ大野豊さんを
彷彿させてくれます。

ストレートは球速以上に
力を感じます。


木更津総合ここに注目




絶対的エース早川隆久選手がいます。
万全なら打ち込まれることは
少ないと思います。

問題は、登板過多の終盤
早川選手に疲労がたまってきた時です。

武田大慶選手以下、
控え投手を起用するのか、エースの連投か、
五島監督の采配に注目です。


打線は千葉県大会のチーム打率が、
.275でそこまで高くはありません。

主砲の鳥海選手らが、
チャンスで打てるか注目ですね。

守りは千葉県大会で失策はわずかに3と、
堅守を見せています。

これまで通り、
リズムを守備から作る野球ができれば、
勝ち進むことができるでしょう。


大会終盤戦の投手起用に注目しましょう。

以上、千葉県代表 木更津総合
武田大慶選手の出身中学と球速についてでした。


・関連記事 
木更津総合 早川選手 出身中学と球速を紹介!