大谷翔平 20号本塁打!

北海道日本ハムファイターズの
大谷翔平選手ですが、20本塁打の可能性が
現実味を帯びてきました。

ここでは、大谷翔平選手が20号本塁打を始め、

・20号本塁打いつ頃放つのか
・20本塁打達成する理由
・今後の本塁打数について

話をしたいと思っています。


001 otani5315a86d_5.jpg
*http://weblog.hochi.co.jp/hiruma/2014/03/post-2749.htmlより引用*


大谷翔平選手20号本塁打はいつ?



2016年シーズンに目標としていた、
20号目の本塁打はいつ頃出るのでしょうか。

大谷選手は8/19現在の時点で、
既に18本塁打を放っています。

これは、自己最多記録です。

打撃成績は打率.346 本塁打18 打点47

と申し分のない成績です。

打席数は265と現在約平均的な打席数の
5割~6割です。

単純に倍してしまうと、
本塁打は36 打点は94となり、
パリーグ2冠王になります。

因みに現在のトップは
本塁打 西武 メヒア選手   29
打点  日本ハム 中田翔選手 82

です。


大谷選手が20号本塁打を放つのは、
時間の問題と言えます。

現在まで野手として74試合に出場しています。

そこで放った本塁打が18本なので、
約4試合に1本塁打のペースだと言えます。

週に野手としては、
おおよそ3、4試合出場するので
数字上は約2週間以内で20号本塁打が
出る予定になります。

そうすると、9/1には
「大谷翔平20号!!」というニュースが
報じられることになるでしょう!

続いて、20本塁打達成の理由について
考えてみたいと思います。




スポンサーリンク







大谷翔平20本塁打達成の理由



それでは、二刀流という激務の中で、
これだけ本塁打を量産する理由は、
何なのでしょうか?

大谷選手の打者としての
優れたポイントを上げてみます。

・打球の飛距離
・逆方向への長打
・インサイドの裁き

各々についてひも解いていきます。


まずは「飛距離」ですが、
これが半端ではありません。

栗山監督にして、
「ボールを一番飛ばすのは、
翔(中田)ではなく翔平(大谷)」
と言っています。

193㎝の大きな体から、
とてつもないパワーが生まれています。

これに関しては、投手として取り組んでいた、
筋力トレーニングも良い影響を与えたのでは
と思います。

そもそもボールを飛ばせるという、
天性の才能が一つ目のポイントです。



続いて「逆方向への長打」ですが、
これもとても素晴らしい点ですね。

飛距離があるバッターで、
逆方向への長打が打てる選手となると、
その数はさらに少なくなります。

逆方向への長打は、
本塁打量産への大きなポイントです。


近年では、山田哲人選手
往年の名選手では、中村紀洋さん、落合博満さん
清原和博さん 掛布雅之さんあたりでしょうか。

余談ですが、松井秀喜さんは、
逆方向への本塁打が極めて少なかったです。

右腕の力が強すぎで、
脇が開いてしまう事が原因だったようで、
流しての長打は打てませんでした。

彼が逆方向に長打を打てれば、
メジャーでももっとホームランを
打っていたと言われます。

最後はインサイドをうまく打てる点です。
長い腕をうまくたたんで、
インサイドを打ってしまいます。

内角を打つのは難しいので、
この辺も天性の素質があると言えます。
特に手足が長いと、
余計に難しいですね。

正直打撃フォームは、
アッパースイングだったりして、
欠点も多いのですが、

それでも打ってしまう大谷選手は、
ポテンシャルが相当高いと言えますね。



大谷翔平今後の本塁打数




それでは、大谷選手は今後どれくらい
本塁打を打つことができるのでしょうか。

現在北海道日本ハムファイターズは
110試合消化しているので、
残り試合は30です。

そのうち大谷選手が野手として
出場できるのは、半分の15試合です。

4試合に1本のペースで本塁打が出るので、
約4本くらいの本塁打数が妥当だと思います。


そうなると最終的には、
22号本塁打が飛び出して、
シーズン終了となるのではないでしょうか。

当サイトでは、大谷翔平選手の
2016年シーズン本塁打数を22本と予想します。

まとめると、
大谷翔平選手の20号本塁打は、
9月1日をめどに飛び出し、
シーズンの本塁打数は、
22本になる予想です。


打者として、まだまだ未完成なのに、
この成績はすごいですね。

実はチームの主砲
中田翔選手の本塁打数を抜いてしまっています・・

恐るべしですね・・・

まだまだ成長するであろう、
大谷翔平選手に今後も期待ですね!!