高畑裕太は発達障害 4歳でADHDの疑い?

先日元俳優の高畑裕太が逮捕されました。

群馬県のホテル従業員に
暴行を働いたことが原因です。


その高畑裕太が発達障害なのでないかと
話題になっています。

ADHDと言う話もあるようです。

気になる高畑裕太の発達障害について、
調べてみました。

高畑裕太 4歳まで全く喋らず



高畑裕太の幼少期ですが、
4歳のころまで全く喋らなかったようです。



両親はとても心配すると思います。

もしかすると、
このころから発達障害の疑いがあったのかもしれません。

高畑裕太の場合は、
4歳の頃まで全く喋れなかったので、
これは普通の子供に比べ、
かなり遅いと言えます。

何かしらの病気があったと思います。

発達障害とは幼少期から見られる、
発達の遅れの事です。

先天性の脳障害が原因だとされます。


つまりは、普通の子供とは少し違う
特徴を持った子供という事ですね。

この発達障害は、いくつかに分類され、
自閉症やADHD(注意欠陥多動性障害)
アスペルガーなどに分類されます。


この発達障害は、程度問題があるので、
必ずしも発達障害があるために、
仕事ができないと言う事はありません。


軽度であれば
普通に仕事をしている人もいます。


高畑裕太の場合は、
4歳の頃まで全く喋れなかったようで、
これは普通の子供に比べ、
かなり遅いと言えます。


つづいては、ADHDと疑われる、
仰天エピソードの紹介です。

スポンサーリンク





高畑裕太はADHD?



4歳まで話せなかった高畑裕太ですが、
幼少期のエピソードで、
ADHDを思わせる話があります。

ADHDとは注意欠陥多動性障害の略称で、
症状として、不注意、多動性、衝動性があります。

不注意は細かいことに注意が払えないという、
注意力の欠陥などです。

不注意が多かったり、始めたことをやり遂げない、
言われていることをやらない、
落とし物や忘れ物がよくあるなどです。


多動は、「活動の過剰」と言えます。
絶えずせわしく動き回わったり、
身体を絶えず動かしているなどがあります。

最後は衝動性です。
結果を考えずに判断・行動することがあります。

その結果、自分や他人が危険にさらされます。


これらが代表的なADHDの症状です。

続いて、高畑裕太のエピソードと
比べてみましょう。


■エピソード

・小学生の頃、ゴミ出しを母に頼まれると、
ごみを学校に持っていきランドセルを家に忘れていった。

・小学校の帰り道に猫を見つけた際、
夢中で追いかけすぎて練馬区から埼玉県まで行った

・小学校に行ったかと思いきや、
授業中にコンビニでアイスを食べていた。

・母親の楽屋にいた西田敏行に「ジジイ」と言った


いかがでしょうか。
これらを天然で済ませることも出きますが、
先ほどのADHDの症例と見比べると、
驚くことに合致しているものが多いと思いませんか?

言われたこと(学校に行く)を守れない、
よく忘れ物をしてしまうなどは、
典型的なADHDの症状です。

猫を追いかけて埼玉県に行くなどは、
まさに衝動性のある行動と言えます。

これらをみると。
ADHDである可能性が高いと思いますね。



ちなみに、
「発達障害だったら俳優なんてできないじゃん」
と言う人もいるかもしれません。

実は、発達障害の子供は記憶力が
異様にずば抜けていたりもするのです。

世の中で天才と言われている多くは、
発達障害であったと言う人もいます。

アインシュタインは発達障害だと言う人もいます。

コミュニケーションが取れない分、
別の能力が著しく発達することがあるようです。



話をADHDに戻すと、
今回群馬県のホテルで事件を起こした高畑裕太は
「(事件)計画していたことではない」
と供述しています。

その場のテンションで思い付きで
やってしまったと言う事ですね。


普通に考えれば、暴行を働いてしまったらどうなるか、
考えればわかることです。

相手も傷つけますし、自分も捕まります。

良くないことだと誰でもわかります。

それでも衝動的に行動してしまうのは、
ADHDの典型的な症例と言わざる負えません。


今回の事件で判決は「4年~5年の実刑判決になるのでは」
と予想する弁護士もいるようです。

判決のポイントとして、
事件に計画性があるかないかで
量刑が変わってくるとの事です。

一般的に計画性のある事件は、
求刑も重くなります。


今回の事件が発達障害、
ADHDによるものなのでしょうか?


仮に高畑裕太に発達障害の診断が下れば、
判決に影響するのでしょうか。


いずれにせよ、今回犯した罪によって、
俳優生命は絶たれたと言ってもいいと思います。

もう「天然」では済まされません。

犯した罪は償わねばなりません。

今回の事件で、業界関係者などに多大な迷惑も掛かったわけですが、
そこら辺の想像もできなかったのだと思います。

24時間TVのチャリティードラマにも
出演が決まっていたようですし。。。

迷惑がかかることを
予想できなかったのかもしれませんね。



普通は発達障害やADHDがあったとしても、
多くの人は事件に手を染めません。


そのため、高畑裕太本人の
資質に関わるところは大きいと思っています。

自分で犯した罪は償わなければなりませんね。


最後に、本件で母親の高畑淳子が傷心していると思います」。

4歳でまったく喋らなかった息子が、
やっと俳優になり売れるようになってきた。

その矢先に犯罪に手を染めてしまったわけです。

真田丸でブレイクしている時だっただけに、
女優としてもとても残念だと思いますね。


以上、高畑裕太発達障害、4歳でADHDについてでした。