広島カープ 25年前1991年の優勝メンバーについて

広島東洋カープ、優勝25年ぶりの優勝達成です!
ファンの皆さまおめでとうございます!

1991年以来となる25年ぶりの優勝です。
25年と言うと、四半世紀なので、
とても長く感じます。

前回優勝の25年前(1991年)の
優勝メンバーをご存知でしょうか。

カープ女子を代表とする、
最近ファンになった若い人も
多いと思います。

新しいファンには新鮮な、
オールドファンには懐かしい
25年前の優勝メンバーを紹介します。

■目次
・カープ25年前の優勝メンバー
・2016年との比較
・1991年忘れられないこと

カープ25年前の優勝メンバー



それでは、25年前の優勝メンバーを
紹介していきます。

スタメンはよく変わっていたので、
代表的なラインナップを紹介します。
まずは野手から


一番 (二)正田耕三  
打率.291 8本塁打 52打点

二番 (中)前田智徳
打率.271 4本塁打 25打点

三番 (遊)野村謙二郎
打率.324 10本塁打 66打点

四番 (左)西田真二
打率.289 7本塁打 51打点

五番 (右)山崎隆造
打率.301 8本塁打 50打点

六番 (一)小早川毅彦
打率.259 7本塁打 39打点

七番 (三)江藤智
打率.215 11本塁打 31打点

八番 (捕)達川光男
打率.237 1本塁打 38打点

あれれ、とおもった若いファンは多いでしょう。
なんか寂しい本塁打と打点です。

この年の広島カープは、
1990年代のカープをけん引した、
野村、前田、江藤がスタメンに定着していましたが、
まだまだ爆発していませんでした。

天才前田選手もまだまだ2割7分がいいとこです。

野村選手は高打率を残し、
盗塁も31を記録していました。

若手の台頭に、
正田、山崎、小早川というベテランが
スタメンに名を連ねます。

いぶし銀がとても多いです。

RCCで解説している、
山崎隆造さんは1991年の優勝メンバーだったんですよ。

ちなみに1991年五番を打つ事が、
多かった訳ですが
元々五番を打つような選手ではありません。

もうこれ完全にチーム事情です。

この年はとにかく打線が弱かったんですね。


ちなみに当時の本拠地広島市民球場は、
セリーグで一番狭い球場でした。

その市民球場で本塁打が少ないので、
よっぽどと言う事です。

一応説明しておくと、
外国人はいました。

アレン選手と、バークレオ選手です。

共に序盤で姿を消したわけですが、
特にバークレオはライオンズに在籍していた、
あのバークレオです。

最後はカープにいったんですね・・・


何故優勝できたかと言うと、
次に紹介する投手陣にあります。


スポンサーリンク






先発  佐々岡真司
17勝 9敗 防御率 2.44

先発  川口和久
12勝 8敗 防御率 2.90

先発  北別府学
11勝 4敗 防御率 3.38

中継ぎ 石貫宏臣
5勝 1敗 防御率 1.98

中継ぎ 川端順
5勝 1敗 防御率 2.36

抑え  大野豊
6勝 2敗 26S 防御率 1.17

当時の広島カープは、
投手王国と呼ばれる、
投手力が充実したチームでした。

恐らくこの年ぐらいが
投手王国最後の年だったと思います。

エースの佐々岡選手に、
川口選手、ベテランの200勝投手北別府投手、
他にも長冨選手など投手陣が
けん引したと言っても良いですね。

本日NHKで解説した大野豊さんも、
クローザーとして大活躍しました。

当時36歳という高齢だったようですね。


この投手力を引き出したのが、
名捕手達川光男選手です。

強いチームに名捕手あり、
このリードが投手王国を支えた
大きな要因であると思います。


2016年との比較



2016年は新井選手を始め、
キクマルコンビ、鈴木選手、
エルドレッド選手。

打線が牽引したチームですね。

1991年は、見て取れるように、
投手陣がチームを引っ張った、
シーズンでした。

2007年に12球団最低打率で優勝した、
中日ドラゴンズに象徴される、
守り勝つ野球だったと言えますね。



1991年忘れられないこと



忘れてはいけないのが、
炎のストッパー津田恒美さんです。


開幕当初大野選手とのダブルストッパー
構想でしたが、脳腫瘍が発覚し、
チームを離脱してしまいます。

1991年は「つね(津田選手の愛称)のために勝とう」

とチームがまとまった年でした。

その後津田選手は1993年に亡くなってしまいます。

カープファンのみならず、
忘れられない出来事ですね。


1991年の優勝は、全く違った形での優勝でした。

カープファンの皆さま、
改めて25年ぶりの優勝おめでとうございます!

特に新井選手と黒田選手の涙の抱擁は感動しました!!