清宮幸太郎は弟の福太郎君他、家族も凄いという話

2017年春の甲子園の舞台に
怪物清宮幸太郎が帰ってきます!

2015年夏以来の清宮旋風が楽しみですね。

清宮幸太郎選手は、本人も凄いのですが、
実は弟も凄いという話があります。

怪物の弟は怪物なのでしょうか?

弟を始め、清宮ファミリーについて紹介します。

◆目次

・弟 福太郎君について
・母 幸世さんについて
・父 克幸さんについて


スポンサーリンク








清宮幸太郎の弟 清宮福太郎君について



0001 469bc5e1.jpg
*http://koshienmatome.blog.jp/archives/41599129.htmlより引用*

清宮福太郎君は兄の幸太郎選手と
4つ年が離れています。

清宮旋風が吹き荒れた2015年夏の甲子園時は、
小学校6年生でした。

あれから2年経っていますので、
現在は中学2年生と言う事ですね。

兄の幸太郎同様、小学生の頃はリトルリーグでプレーしました。
同じ東京北砂リーグでプレーしています。

2015年には「全日本リトルリーグ野球選手権」で優勝、
日本一に輝いています。

兄の甲子園出場に負けず劣らず、
実績を残しています。

加えて、同年8月に開催された、
世界大会では、メキシコ戦で代打ホームランを放っています。

侍ジャパンのトップチームでは、
どうしてもパワー、体格の差があり、
国際大会でのホームランは難しくなっています。

そんな中、子供とはいえ海外の選手相手に、
ホームランを打つのですから、
規格外のパワーだと言えますね。


以下がその時の動画です。
兄の清宮幸太郎選手とは異なり、
右打ちになっていますね。


そもそも兄の清宮幸太郎選手の左打ちは、
矯正されたもので、本来は右利きです。




打球がもはや小学生ではないですね。
パンチが違いすぎます。

世界大会で代打で出てきて、
初球ホームランとか漫画ですね。


その世界大会後、2016年3月には、
身長も伸び、なんと175㎝になっています。

世界大会の時から比べると、
10㎝も身長が伸びていて
かなり身体がデカいですね!

足のサイズも兄に負けない
31㎝でまさに規格外の中学生です。

このまま野球に専念していけば、
第二の清宮旋風を噴き荒らすことが、
期待されますね。


清宮幸太郎の母 幸世さん



続いて、母親の紹介です。

名前は、清宮幸世(さちよ)さんと言います。

出身校は慶應義塾大学です
頭脳明晰と言ったところですね。

幸世さんは、中学校時代は野球部のマネージャー。
そして大学時代には、ゴルフ部に入部し、
主将を務めました。

現在清宮幸太郎選手がキャプテンを務めているのは、
母譲りな所もあるのかもしれませんね。

先ほど清宮幸太郎選手の「左打ち」
の話がでましたが、
左打ちを進めたのは、母幸世さんなんだとか!

「左打ちの方が一塁に近いから」

という単純な理由らしいですが、
そのアドバイスをちゃんと聞く当たり、
清宮家の親子関係の良さが伺えます。

弟の福太郎くんや兄である幸太郎選手の強い身体は、
この幸世さんが生んでくれたわけなので、
とても感謝しなければなりませんね。

一般的に、アスリートは
母親の運動能力に依存することが多いそうです。

スポーツ選手の2世が
あまりぱっとしない理由はそこにあるらしく、
女子アナやタレントとなど、
容姿端麗な人と結婚してしまうためなんだとか。

競走馬でも母馬の血統は大事にされるので、
人間も同じですね。

そうなると、澤穂希さんの娘は、
とてつもないアスリートになる可能性があります。


清宮幸太郎の父 克幸さん



言わずと知れた有名ラガーマン、
清宮克幸さんです。

清宮幸太郎選手が有名になったのも、
もとはと言えば、克幸さんの息子であったためです。


大阪出身の克幸さんは、大阪の茨田高校を卒業後、
早稲田大学に入学します。

そして4回生の時、
早稲田大学ラグビー部の主将を務め、
日本一に輝きました。

母と父がキャプテンとは、
幸太郎選手も福太郎君も
人の上に立つ血が流れているのですね。

その後、サントリーに入団し、
同チームでもキャプテンに就任。
1995年には全国社会人大会を優勝します。

2001年まで選手としてプレーしました。

引退後は早大ラグビー部、
並びにサントリーの監督を務めました。

2010年から現在に至るまで、
ヤマハ発動機ジュビロの監督
として指揮を執っています。


一流のプレイヤーでありますが、
指導者としても超一流だったと言えますね。

克幸さんは、幸太郎選手が生まれた時幸世さんに

「子育てを楽しもう」

と言ったそうです。


人間的にも余裕があり、器が大きいともいます。

それを聞いて痛く反省と思いました。。。


このように清宮幸太郎選手の
ファミリーはとってもすごい人ばかりなのが、
よくわかりますね。

特に弟の福太郎君は、
未完の大器感がとてもあり、
将来まだまだ大化けする可能性があります。

身体もどんどん大きくなっているようですし、
福太郎君は、兄幸太郎選手を身長で超えてしまうかもしれません。

バッティング能力も高いという人もいて、
本当に先が楽しみなのです。

2年後の高校1年生の時、
新たな怪物として、
高校野球界に現れる日も近いと言えますね。


以上、清宮幸太郎選手の弟福太郎君、
父克幸さん、母幸代さんについてでした。