飛翔体とは何か? 北朝鮮から今日4月5日発射

北朝鮮が日本海に向け、飛翔体を発射したと、
今日4月5日早朝ニュースで報じられています。

飛翔体とは何でしょうか?
あまり聞きなれない言葉です。

おそらくミサイルの事なのでしょうが、
気になったので調べてみました。

目次
・飛翔体とは?言葉の意味
・北朝鮮が発射した飛翔体の今の位置は


スポンサーリンク






飛翔体とは何か?言葉の意味



各メディアでは「飛翔体」という言葉を用いて、
このニュースを報じています。

飛翔体というと、余り聞きなれないフレーズです。

国語辞典で調べると

「高空を飛翔する人工物」

という説明がなされます。

ここでポイントなのが、
人工物であるということだと思います。

ロケットだとか、人工衛星だとか、
空高く飛び上がる人工物に対して
差しているようですね。

因みに、飛翔は高く飛ぶということを意味します。

昆虫や鳥などが及ばない
高い位置を飛ぶということですね。

今回は北朝鮮から発射されたということで、
人工衛星なのか、ロケットなのか、
はたまたミサイルなのか?

はっきり断定が出来ないため、
このような言葉が使われているようですね。

さっと過去のニュースを調べてみましたが、
北朝鮮のミサイル関連のニュースで、
これまでも、飛翔体という言葉を使用していました。

古くはテポドンにまで遡りますね。



北朝鮮が発射した飛翔体の今の位置は



気になるのは、今日発射された飛翔体が
現在どの位置にあるかということです。

人工衛星であれば危なくないですが、
残念ながら過去の経緯を見てしまうと、
ミサイルである可能性が高いと思います。

ましてや、先日もニュース・メディアで
ミサイル発射の可能性は報じられていましたし。。。

しかも、日本海に向けて発射されたといわれています。

これは人工衛星ではないですね。

残念ながらミサイルでしょう。

どこに行っているのか、本当に心配です。

韓国軍合同参謀本部によれば、
弾道ミサイルである可能性があるとの事です。

弾道ミサイルは飛距離がとてもあるので、
物によってはどこまで飛ぶかわかりません。

海を越え、大陸まで届くものもあります。

飛翔体発射のニュースが報じられたのは、
今日の7時半頃。
私が記事を書いている今現在は8時半

飛翔体の発射から約1時間は経過しています。

もしどこかに飛翔体が落ちたのであれば、
すでに大きなニュースとして報じられていてもおかしくないですが、
現在はまだニュースになっていないようです。

もしかしかすると、飛距離が長いもので、
まだ飛んでいるのかもしれません。

上空にある可能性が高いと思います。

いずれにせよ、目が離せない状況ですね。

普段は私の好きなスポーツ関係の記事をかいていますが、
今回余りにも気になったので、番外編として綴ってみました。

飛翔体が何事も無く海上に落下することを祈ります。