増居翔太(彦根東)出身中学や球速を紹介! 文武両道の秀才エース

2017年夏の甲子園滋賀県の代表は、
彦根東高校です。

4年ぶり2度目の夏の甲子園出場です。

今回はチームのエースである、
増居翔太選手にスポットを当ててみます。

彦根東高校といえば、
偏差値69という、県下屈指の進学校としても有名です。

文字通り文武両道の彦根東ですが、
増居翔太投手とはどのような投手なのでしょうか?

出身中学や球速など、投手としての特徴を紹介していきます。

C-3yorcXkAA1zY1.jpg
*https://twitter.com/より印象*

・目次
1. 増居翔太の出身中学を紹介
2. 増居翔太の球速など特徴の紹介
3. 彦根東高ここに注目

・関連記事
波佐見高校のエース村川竜也選手の紹介



増居翔太の出身中学を紹介



増居翔太選手のプロフィールを紹介します。

名前:増居翔太(ますいしょうた)
出身:滋賀県彦根市出身
学年:2年生
身長:171cm
体重:59kg
投打:左投げ左打ち


増居翔太選手は、地元滋賀県彦根市の出身です。
彦根市と言えば、彦根城のゆるキャラ
「ひこにゃん」でとても有名なところですね。

同郷の有名人としては、
陸上100mの桐生祥秀選手がいます。

これでもすごいなと思いますが、
戦国時代まで行くと、
石田三成や井伊直弼などの有名武将の出身地でもあり、
由緒正しい土地柄であると言えます。

増居選手は、地元彦根市の稲枝中学校の出身で、
中学校の部活動として、
軟式野球部に所属していました。


シニアリーグで、硬式野球をしていたわけではなく、
野球という点においては、ごくごく普通の中学生だったと言えます。

彦根東高校は県下屈指の進学校であるため、
中学時代から、進学することを目指して、
各生徒は入学のために猛勉強をします。

増居翔太選手に限らずそれは、同じでしょう。

2017年夏の甲子園ベンチメンバー20人は、
公立高校という事もあり、
出身中学は20人全員が滋賀県となっています。

県外の出身中学だという選手はいません。

公立の進学校が、
野球だけではなく、勉強も合わせた文武両道という事で、
まさに高校野球の理想と言えるチームではないでしょうか?


スポンサーリンク






増居翔太の球速など特徴の紹介



増居翔太選手は、
彦根東高校に入学し硬式野球部に所属します。

そして、2年の春からは、背番号10を付け、
投手として登板しています。

春には、強豪「龍谷大平安」を2安打完投に抑えています。
相手は甲子園出場73回という強豪校なので、
これはすごいことですね。

投手としては、
ストレートの球速はMAX135キロと、
こちらは特別抜きんでた数字ではないです。

しかし、ボール自体にはキレがあるので、
球速以上にストレートは強力です。

身長171㎝、体重は59㎏と、
現代高校球児としては、
体格は小さい方ですね。

それでも抑えるのですから、
ボール自体がとてもキレているのだ言えます。

下半身を最大限に使った投球スタイルなので、
ボールに力が伝わるのだと思います。


余談ですが、
著者と体格はあまり変わりません。

先日いつも通っているジムに行ったとき、
ロッカールームでユニフォーム姿の高校球児の大軍に遭遇しました。

みんな身長が高いですし、
太ももが太く、ケツとかもパンパンで凄かったですね。。

隅っこに押し込まれましたw

そんな体が大きい球児と、
普通の体格の増居選手が抑えるのですから、
とても夢のある話だなと思いますね。

小よく大を征してほしいです。

スライダー・カーブ・チェンジアップの変化球を織り交ぜ、
相手を打ち取る投球です。

フォームはオーソドックスなオーバースローです。

この増居選手ですが、
県下屈指の進学校である彦根東で、
学業でも成績がとても優秀です。

学年320人中、20位~30位だそうです!

京大にも入学できる順位との事で、
部活では甲子園、
学業では京大志望という事で、
とても素晴らしいですね。

努力家で、野球の練習、食事等一段落した、
11時から勉強を始めています。

7時半からの補講もしっかり受けているという事で、
高校球児の鏡かもしれません。


彦根東高ここに注目



彦根東高校は、ホームランバッターがいるわけでもなく、
球速150キロ以上の投手がいるわけでもありません。

決して派手さはありませんが、
素都のない攻めで滋賀県大会を勝ちぬしてきました。

連取で「ゴロ打ち」の練習などを行い、
確実に一点を取る野球を目指します。

以前落合博満さんが、
ゴロを打つ練習をしていた話があります。

ノーアウト移置一三塁で、
ゴロを打てば、ダブルプレーにはなりますが、
1点入ります。

例えば、ワンアウト三塁でも、
内野ゴロで1点入ります。

チャンスでヒットや犠牲フライなどそう打てるものではないですね。

ゴロを織り交ぜた、
素都の無い攻めこそ、
彦根東高校の強みです。

地味なこの攻めで、
派手な野球の強豪校と渡り合うのは見ものであると思います。



以上2017年夏の甲子園滋賀県代表
彦根東高校 増居翔太選手の出身中学と球速などの特徴についてでした。

・関連記事
波佐見高校のエース村川竜也選手の紹介