2020年プロ野球はいつ開幕するのか?


サラリーマンにとっては貴重な連休であるはずのゴールデンウイーク。

例年であれば、旅行に行ったり、スポーツ観戦にいったり、食事に行ったりと楽しいはずであるが、

2020年はコロナウイルスの影響で、まさかの自宅待機。そして仕事にも影響が出ており厳しい状況。

誰しも皆影響を受けているわけで、我慢するしかない。


こんな時には趣味で発散なんだろうけど、

自分のように野球観戦を楽しみにしている人間としてはそれも厳しいわけで。


甲子園は中止、国内プロ野球は開幕延期。


2020年は開幕するのだろうか?という訳で、今シーズンプロ野球はいつ開幕するのか考えてみた。


ポイントは主催者側の興行収入に対する割り切りと、

コロナウイルスの収束のタイミングによると思う。


最後に希望も込めて2020年の開幕時期を予想してみる。


2020年その他プロスポーツ興行




当初コロナウイルスが出始めだった2020年。プロスポーツは種目によって対応が様々だった。


バスケットボールは無観客試合を開催。大相撲も無観客試合の開催(春場所)。


K-1はさいたまスーパーアリーナのビッグマッチを開催。(自粛要請もあって今はやってないけど)



対応は主催者側の収入源に対する考え方が大きいと思う。


大相撲などは、チケットは売れなくてもNHKで放送があるから、

無観客試合であってもある程度は興行はなりたつ。


バスケットボールなどはチケット収入は無いのはかなり痛いはずだけど、

動画配信、放送などによる収入があるぶん受け入れたのだと思う。


K-1はさいたまスーパーアリーナでのビッグマッチだから、

興行が飛んでしまったら、会場費用などの費用を賄えない。


経営にも余裕がないはずなので、苦肉の興行だったと思う。






プロ野球興行の今と昔



さて、プロ野球であるが、近年のプロ野球は球場そのものでの収入が大きい。

12球団平均2万~3万人の観客動員。試合でのグッズ販売、飲食による売り上げは相当に大きい。

フランチャイズ化が定着し、球団経営は大きく変わった。



昔のような巨人中心のプロ野球界なら話は別だったと思う。

巨人戦の放映権料が1試合1億円と言われていただけに、

無観客試合でもあるメリットは大いにあった。

それも20~30年前位までの話だ。



しかし今は地上波中継も少なくなり、

BS、CSなどの放送がメインになってきている。

放映権料がいくらかはわからないけど、比べ物にならないほど少なくなっているはずだ。



ご存知の通り、大衆が巨人をテレビの前で応援する時代は終わっている。



そうなると、余計にお客さんをいれて試合をしたい。

選手の年棒も30年前とは比べ物にならないほど高くなっている。



経営者側すると、延期して全試合お客さんを入れて実施したいのが本音だろう。



しかし、それも今の出口の見えない状況では実現は難しいと言わざる負えない。



先日、台湾のプロ野球が開幕したとのニュースがあった。


台湾はコロナウイルスの封じ込めにうまく成功しているし、

まだまだ非常事態宣言中の日本とは状況が異なる。



お客さんを入れての通常開催など2020年内にできるかなんてわからない。


それを待っていたらいつになるかわからないと思う。

割り切りが必要だ。


チケット収入をあきらめ放映権料のみに割り切れるか




飲食店が通常営業できない状態なのだから、

数万人が1か所に集まるプロ野球の興行など論外だろう。

(隣席とはとても距離が近いし)



自分が思うのは球団側が、チケット収入を諦め放映権による収入だけと割り切れば開幕時期は早まるのではないかということ。







今の緊急事態が収まれば、無観客であればなんとか試合ができるのではないかと期待している。


(ベンチでの感染予防は必要)



もう一つはコロナウイルスの収束だ。


これは様々なメディアで報じられているが、

完全収束には1年と言う人もいれば、2年かかるという人もいる。


収束とまではいかないまでも緊急事態宣言が解除され

隣県に移動できるくらいの状態になれば、可能性はあるのではないか?


近隣国である台湾や韓国は封じ込めが上手くいっている。


せめて台湾位まで収まってくれば良いと思う。



また、コロナウイルスは紫外線により不活性化するという話もある。


消滅はさせられなくとも、勢いが弱まる可能性がある。



これらの話が本当ならば、紫外線が強くなる5月~夏には、

影響が少なくなるという期待が少しだけもてると思う。


そうなると、7月頃試合数を削減しての無観客試合と言う事であれば、

可能性は出てくるのではないか?




球団経営はいろいろ大変だろうけど、

ファンとしては無観客試合でいいから開幕してほしい。


1日家にいる事が多いので、テレビによる野球観戦はとてもうれしい。

贔屓球団の勝ち負けに一喜一憂するあの瞬間は無くなってこそありがたみがわかる。


とりあえず今はStay at homeで頑張るしかない。